Translate

2011年2月9日水曜日

うつとホメオパシー

悲しいことに、日本は自殺者が多い国です。1998年以降、3万人を超えてしまう状態が続き、イギリスの新聞「The Observer」でも日本では15分に一人自殺によって亡くなる人がいる、と書かれていました。

自殺の背景にうつがあるのではないか、という話はよく出てきます。

新聞などでも、病院にかかるよう勧める広告が出ていたりしますよね。
早期に対応するのはとても大事なことだと思います。
学生時代に読んだリサーチの中から、うつとホメオパシーに関する論文を一つ紹介します。

Adler et al. Homeopathic Individualized Q-potencies versus Fluoxetine for Moderate to Severe Depression: Double-blind, Randomised Non-inferiority Trial. 2009

ホメオパシーのレメディを服用したグループと抗うつ薬(フルオキセチン;商品名プロザック®)を服用したグループで服用開始4週後、8週後でほぼ同等の効果が示された、というもの。プラセボのグループを設定していなかったこと、ホメオパシーのコンサルテーションそのものが症状を緩和する作用があるかもしれないこと、短期間の結果であることなど、課題は残るものの、興味深い結果だと思います。

学生クリニックでは、イギリスの不況と重なって、リストラされたことを境にうつになった患者さんがいらっしゃることも良くありました。健康相談を重ねていくうち、だんだん笑顔が増えてきて、元気になって、再就職が決まって・・・。

病院にかかるほどではないと思うけれど、気分がよくない、なんていう方もいらっしゃるのでは?

 
心療内科にかかることに抵抗があるようなとき、ホメオパシーも可能性があるのではないかと思うのです。もちろん、自殺企図などの問題もあるので、慎重に対応しなければなりませんが・・・。

それに薬でよくなった患者さんが、今後薬を減量していきたい、というときにもホメオパシーも活躍するのでは、と思っています。

みなさんはどう思われますか?



hiroko

2011年2月5日土曜日

解けた誤解

学生クリニックの担当者から電話があった。

「今はイギリスですか?日本ですか?Aさんが連絡を取りたいと電話してきたので、もし良かったら電話してもらえませんか?」

私は「何かの間違いでは?」と思った。フランス語圏の国の出身の方で、私もフランス語訛りの英語を聞き取るのが難しく、また彼女も私の日本語訛りの英語が理解できなかったみたいで、英語が母国語の学生さんに代わって欲しい、と次のコンサルテーションから担当をはずされた経過がある方。

「何で今頃?」

恐る恐る電話をしてみると、元気な声で「まだイギリスにいるのね。実はお礼が言いたかったのよ」と。

ホメオパシーが初めてで、私がどれだけ彼女を理解しているのかも信じられなくて、送ったレメディもちょっとこわくて実はそのとき服用しなかったんだそう。
でも、最近ふと服用したら、その日から体調が良くなるのが実感できたらしく、是非、お礼が言いたくて、学生クリニックの担当者に電話したんだとか。

前に話したときと違ってとても声にハリがあって元気になったのがすぐ感じ取れ、そして誤解が解けたことがとてもうれしい。

律義なAさん。教えてくれてありがとう。そして元気になってくれて私もうれしいです。
今までやりたくても出来なかったこと、これから楽しんでください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

hiroko