Translate

2018年8月10日金曜日

コーヒーのあれこれ



コーヒーを毎日欠かさず飲んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

写真の飲み物は、最近、薬局の近くにオープンした日本のケーキ屋さんで、黒ゴマラテを飲んだときの写真。今はコーヒーだけでなくても、いろんな飲み物が出てきていますね。

昔、コーヒー牛乳やアイスコーヒーを飲んだり、友人と喫茶店でコーヒーを飲んだりしていましたが、コーヒーでお腹がゆるくなることがわかって以来、あまり積極的に飲まなくなりました。
今はめったに飲むことなくきています。

また、ホメオパシーを始めたことも飲まないきっかけになっていると思います。
やはり、レメディを飲むときには最大限にレメディの効果を活かしたいと思うので。

「コーヒーを飲んでもいいですか?」と患者さんなどに聞かれることが良くあります。私はレメディの効果を最大限に出したいと思うので、「出来るだけやめたほうがいいと思います」と説明します。ホメオパスによって色々意見が分かれるところかもしれません。「なぜコーヒーが?」と思われている方、どうぞEalingで行っている「ホメオパシー講座」にご参加ください!

そういえば、こんなことがありました・・・。

よくコーヒーを飲んでいた同僚が、とあるホメオパスにかかろうとしたときに「コーヒーやめないとコンサルテーションしないわよ」と言われたそうです。かかり始めた最初の数ヶ月は、ゾンビみたいにドヨーンとして疲れていた感じ。コーヒーで刺激して毎日を持たせていたというのがよくわかりました。でも、やめて数年たった今、彼女は元気で健康そのもの。
ここまでコーヒーが人体に影響するのか、というのを実際に見て学んだ瞬間でした。

コーヒーについてはその効果の良し悪しがリサーチされていますが、本当のところはどうなのでしょう?

コーヒーを飲むと、体の中でどんなことが起こりうるのでしょうか?

人はストレス(fight and flight : 闘争と恐怖)を感じると副腎皮質からアドレナリンが分泌されます。そして視床下部ー下垂体を介して副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌が促進されると、副腎皮質から糖質コルチコイドの分泌量が増えて、副腎皮質が肥大して、ショックから立ち直り、ストレスに対する抵抗力をつけ、体を守ります。

コーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物を取ると、そのカフェインによる興奮作用により、アドレナリンが放出され、上記に説明したような働きが起こります。朝にコーヒーなどを飲んで一日を始める人も多いのではないでしょうか?

ただ、普段のストレスだけでなく、カフェインによる興奮作用に依存し、刺激を与え続けると、この副腎皮質のプロセスにおいて、対応するエネルギーに限界を生じます。すると小さなストレスにも対応できなくなり、ネガティブな考えを起こしやすくなったり、パニック発作を起こしたり、慢性的な状態が続くことでうつなどを起こすこともあります。
慢性的な刺激の影響は他の臓器にももちろん影響していきます。


中国ではお茶の葉を各自水筒にいれて1日持ち歩き、お茶がなくなると、そこにお湯だけを足して飲むのだそうです。朝は新しい茶葉からカフェインの濃いお茶、そして何度もそこにお湯を足して飲んでいくうちに、薄くなっていくのでカフェインは少なくなっていくのだそうです。
友人が「みんな1日中お茶を飲んでいるけれど、それだから夜にカフェインの取りすぎで眠れないということはないのよ」と教えてくれました。

やはり、先人の知恵って勉強になりますね。

何でも「ほどほどに」が大事なのだと思います。

************************************************************************************************
Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2018年8月5日日曜日

Sea Buckthorn Oil



こちらの写真にある商品、薬局で人気が出てきているWeledaのSea Buckthorn Oilです。

Sea Buckthornはヨーロッパから中央アジアにかけて育つ木で、葉や実を使ってお茶にしたり、食用に使われていたものです。 Sea Buckthornの実から取れたオイルは昔から日焼けなどのダメージやアンチエイジングに使われてきたオイル。日焼け後のダメージにいいとのことで、この時期よく売れています。

Sea Buckthorn OilにはOmega7、またの名をPalmitoleic Acidという脂肪酸が含まれています。もちろん魚などにも含まれる脂肪酸で、Omega3、6、9と同様、肌や粘膜の状態を正常に保つする働きがあります。

このOmega7を毎日346mg3ヶ月内服し続けたグループとプラセボのグループとを比較したリサーチでは涙の膜の浸透性改善し、目の赤みやヒリヒリ感が軽減がみられたのだとか。
ドライアイでお困りの方には摂ってみる価値があるかもしれませんね。
ヘルスショップにもサプリメントが売られているのを見かけます。

夫とSea Buckthorn Oilの話をしていたら、思い立ったが吉日、3本もオイルを買っていました。
それがこちら↓



本当は内服可能なものを買うつもりだったのが、外用のみのオイルだったそうです。
夫は昔から健康オタク。体にいいものとわかったらすぐにネットで購入します。でも、初めて買うにもかかわらず、まとめ買いをするので、気に入らなかったら使わないまま。手付かずの残りを使うのは実は私だったりします・・・。

もったいないので使ってみているのですが、オイルのオレンジ色が衣服につかないようにうまく使えば、良質の保湿剤になります。アンチエイジングにいいのであればと思い、最近使い始めました。顔に塗ると黄色くなりますが、色素は沈着しないのでご心配なく。
黄色い顔で仕事には行けないので夜だけ使ってます。

Sea Buckthorn Oil、もし良かったら試してみてください。

************************************************************************************************
Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村