Translate

2021年1月15日金曜日

私が体験したセラピー(13)Osteopathy

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ロンドンはロックダウンに入ってから2週間程が過ぎようとしています。

この写真は仕事に行く途中の写真。







ロックダウンで人がいなくて、さらに寒さも増してか、ゴーストタウンになっています。デリバリーの人たちが忙しそうにお店を行き来しています。

頑張って開けていたお店も、今回のロックダウンで開けないことを決めたお店もちらほら。寂しい限りです。早くロンドンにも活気が戻ってくるといいのですが。


ところで本題に戻りますが、

Osteopathyという言葉を知ったのはロンドンに来てから。

ロンドンに来て数ヶ月経ったところで、肩が痛くて動かすのが辛くなり、アルバイト先のご主人おすすめのOsteopathに診てもらうことにしたのがきっかけ。結局は肩が石みたいに固く凝っていたとのこと。ロンドンに来て、新しい生活も慣れない英語もあって、毎日が緊張の連続。そんな日々を過ごしていたところに、寒さが駄目押ししたようで。。。

Osteopathyは骨と筋肉をマッサージ、調整することで全体のバランスを戻していくセラピー。ホリスティックな観点が整体とは違うところなのだと思います。

通っているときは、凝っているところをたくさんマッサージしてもらいました。 

それから数年に1回通うことで、バランスが取れていましたが、ここ数年はしばらく通わなくても肩こりは落ち着いているよう。アレクサンダーテクニックやCraniosacral Therapyなども含めて、姿勢を改善することを意識し、努めている結果だと思います。

私が時々通うOsteopathはこちら↓ 

https://www.osteopathy.org.uk/register-search/registrants/3111-miss-josephine-halsall/?county=london&practice=6377-practice

よかったら試してみてください。


************************************************************************************************

Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2021年1月14日木曜日

私が体験したセラピー(12)Flower Essences

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ロンドンは雨の日々が続いています。
日本は雪が多く大変なところも出てきているようですね。私の父も雪かきに忙しいようですが・・・。雪が積もる中、外に出るときはどうぞご用心ください。


今回の「私が体験したセラピー」は、フラワーエッセンスについて。

フラワーエッセンスはホメオパスの中でも、使うことが多いセラピーの一つです。

フラワーエッセンスはEdward Bach博士により見出されたものですが、このBach博士というイギリスの医師は、ホメオパスでもあり、腸内細菌のレメディを見出したことでも有名。
そのBach博士がより、優しく誰にも使いやすいセラピーを考えた末、行き着いたのがこのフラワーエッセンスだと言われています。

透明なボウルに浄水を入れ、摘んだお花を水の上に置いて、太陽にかざし、花のエネルギーを水に転写する、Sun Methodという方法を使って、その水をエッセンスとしてセラピーに使用するものです(Sun Methodがほとんどですが、中にはこれ以外の方法で作っているエッセンスも存在しています)。




上記の写真は、Findhornにてフラワーエッセンスコースで、実際にエッセンスを作った時の写真。太陽に長い時間当たったお花を持ってきてエッセンスを作るところです。

感情に対するアプローチの仕方、ホメオパシーのコンサルテーションのテクニックを使える部分もあり、またイギリスのホメオパスが加入する保険もフラワーエッセンスはカバーされているものが多いので、ホメオパスにとってはそのまま使える便利さも。

ホメオパシーもフラワーエッセンスも波動療法の一つですが、波動の振り幅が違うそうで、ホメオパシーのセラピーをしていても、容易に併用できるところも使いやすいです。

私も興味があり、卒業してすぐ、Bachフラワーエッセンスのコースにて学びましたが、途中で放っておいたまま、何年かが過ぎ、今の薬局で働き始めたのを機に、改めてコースを受けようと、Bachフラワーエッセンス、Bushフラワーエッセンスのコースを始めました。
同僚が「Findhornのフラワーエッセンスがコースをやるみたいよ」と教えてくれて、夫はホリデーとして一緒にスコットランドに行き、受講してきました。
ここでの経験が、フラワーエッセンスに対する見方を大きく変え、また私自身もいろんなレベルで物事を学べた貴重な経験をしてきました。

つい最近、夫が「Findhornってさー、二人ともあの時行くべきくして行った場所だったんだなーって本当思うよ」と会話をしたところですが、本当に不思議な場所。その不思議な場所で、素敵な人たちの手で作られているエッセンスは私も大好きです。
私もFindhorn Flower Essencesのプラクティショナーとして登録されています。

フラワーエッセンスは、どちらかというと、精神、感情にアプローチして、その人それぞれにあったエッセンスを探し出し、服用していただくもの。Bach博士のいう通り、本当に飲んでいると、気がついたらシフトしていた、と言う表現が本当に適しているセラピー。とても穏やかなエネルギーなので、使いやすく、私もホメオパシーと併用して使うことが多いセラピーの一つです。

世界各地で、その土地で取れたお花の固有のエッセンスを作っています。自分の波長にあったエッセンスを見つけて使ってみるといいでしょう。下記は薬局でも取り扱っているフラワーエッセンスの一例。

Bach Flower Essences

Bush Flower Essences

Findhorn Flower Essences



私もコンサルテーションを行なっていますので、興味のある方は、下記のリンクからご予約ください。


************************************************************************************************

Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

2021年1月13日水曜日

プライバシーポリシーと免責事項について

当ブログにおけるプライバシーポリシーと免責事項について以下にまとめました。


  • アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関しては、詳しくはこちらをクリックしてください。


  • 著作権について

当サイトの記事について、著作権は放棄しておりません。当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。

転載を希望される方は、「お問い合わせ」よりご連絡をお願い致します。

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。著作権や肖像権に関して問題がありましたらご連絡ください。著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。


  • リンクについて

当サイトは基本的にリンクフリーですが、画像への直リンクや、インラインフレームの使用はお断りいたします。


  • 免責事項

当サイトは、商品を紹介していますが、直接の販売は行っておりません。商品に関するお問い合わせは、販売店様の方に直接ご連絡くださいますようお願い致します。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。また、リンク先サイトの正確性や合法性、その内容について一切保証するものではありません。当サイトに関する記事は、個人的な主観をもとに書いており、すべての人に当てはまるというものではありません。商品やサービスのご購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしもそれらの正確性や安全性等を保証するものではありません。誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

また、本免責事項、および当サイトに掲載しているすべての記事は、予告なしに変更・削除されることがあります。あらかじめご了承ください。


Be Natural運営者 :横澤ひろ子

制定日 :2021年1月13日

最終改訂日 :2021年1月13日


************************************************************************************************
Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 


2021年1月10日日曜日

私の冬の感染対策

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます🌅⛩

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします🙇🏻‍♀️

2021年が皆様にとって、癒しと喜びと発展をもたらす一年となりますように🙏✨

ロンドンはまたしてもロックダウンに入りましたね。コロナウイルスの騒動が始まってもう10ヶ月以上経ちました。薬局勤めの私も、Plumberの夫も一応働いてOKということで、二人とも仕事をし、ほぼ変わらない毎日を過ごしていますが、友人に会えなかったり、行動範囲が狭められてしまうのは、やはりとーっても残念です。

クリスマス前になって、ロンドンはロックダウンに入りましたが、薬局は大忙しでした。

ロックダウンに入って、念の為にレメディを買い急ぐ人たちと、新年からの英国離脱に伴い、EU圏の人たちの買いだめとも見られる膨大な注文・・・。

忙しい時だからこそ、健康には気をつけないといけません。

菌やウイルスが存在していても、これらも宿主(ホスト)がないと症状を発現しません。いかに私たち(宿主)の状態を強く保っていくかが大切になります。ここのところは、ホメオパシーオンライン講座「風邪とインフルエンザ」のところでも説明していますので、もしよかったらご覧ください↓

https://www.hirokohomeopathy.com/workshop

そこで、今回は、私なりに気をつけている点を書いて見ました。


  • コミュニケーション
やはり、ロックダウンのために、コミュニティーにいることや、人との繋がりが疎遠になって、孤独感を感じる人も多いのではないでしょうか?学校に行く小さなお子さんがいる家庭では、学校の行き帰りで他人との交流もあったとは思いますが、そうはいかない人も多いと思います。
私がこうやって元気でいられるのは、薬局で仕事をして、同僚たちと会って仕事をしていることもあると思いますが、What's AppやMessengerなどのチャットで、同僚や友人同士でグループチャットを作り、ビデオチャットや普段のチャットでたわいないことを話したり、また友人と定期的に電話でお話ししたりしていることも精神衛生上の助けになっていると思います。
楽しく話している時間は嫌なことは忘れてしまうので、気持ちを明るく、前向きに保つためには大事な要素だと思います。

  • 適度な運動
ロックダウンをきっかけに、しばらく休んでいた太極拳を、近所に住む友人と一緒に再会することに。天気が許す限り、庭で行うこととしています。公園まで歩いたり、バスを使わず歩いて用事を済ませたり。縄跳びしたり、家では腹筋背筋の筋トレも始めています。昔バレーボールをしていたので、体を動かすことは好きですが、体がついていかなくなってしまったので、昔できていた頃を目標に・・・(遠い目・・・)再開しています。
  • 食事
食事には気をつけて、体にいいものを、栄養のあるものを、と摂るようにしていますが、たまにはチョコレートなどを食べることも。食べた後は運動量を多くして気をつけるようにしています。
実はこのロックダウンを機にほとんど肉類を食べなくなりました。最初のロックダウン時にスーパーに行っても古くなったお肉しか並んでいなくて、それをきっかけに食べなくなってきたのですが、それでも意外と大丈夫になりました。肉好きの夫も大丈夫だったので、魚類と野菜をメインに料理するようになりました。


  • サプリメント
サプリメントは様子を見ながら、取っているものがありますので、ご紹介します。


<Vitamin C>












ビタミンCは免疫力を高め、抗酸化作用があるもの。様々な形がありますが、自然のもの由来で吸収がいいものがいいでしょう。ビタミンCは基本は水溶性のビタミン。一気に取ると尿から排泄されてしまうため、効率よく体の中で活用してもらうためには、少量を頻回に摂取していただくことがオススメです。
上記のNature Cは以前のブログでも何度か出てきていますが、噛んで食べるビタミンC。手軽に持ち運べるので、薬局の勤務中にみんなで数時間おきに食べて、ビタミンC摂取をしています。

二つ目のAltrient VitaminCは最近話題の脂溶性ビタミンC。このLoposomal VitaminCは、ここ数年注目を浴びているサプリメントの一つ。Biocareでも販売し始めましたね。脂溶性のため、細胞膜を透過し吸収されやすく、より細部まで行き届き、炎症を抑える役割があると言われているもの。持ち歩きやすいので、私も最近上記のサプリメントを使い始めましたが、味は美味しくないです(苦笑)。でも体にいいので取るようにしています。


<Zinc>


亜鉛も免疫力を高めるために、ビタミンCとともにオススメのミネラル。また、Covid-19では味覚と嗅覚が鈍くなるのが特徴とも言われていますよね。亜鉛は味覚を感じるのに大事なミネラルの一つ。私はこちらのTerranovaのものを毎日摂取しています。このTerranovaという会社は、創始者が以前は大手のサプリメントメーカーで働いていて、よりクオリティの高いものを作りたい、として独立した方が作った会社。「カプセルの中にあるものは全て体にいい作用をするものしか入れない」というコンセプトで、かさを増す賦形剤も植物由来で体に作用するものを入れるようにしているサプリメントです。


<Vitamin D>




私はBiocareのこの液体のサプリメントを使っています。そろそろ骨の健康も気になってくる頃なので、骨代謝にも作用するビタミンKが一緒に入ったこのサプリメントを使っています。他にもViridianなどのメーカーのものもいいと思います(薬局ではViridianのものがよく売れています)。



<注目のL-glutathioneについて>



L-glutathione(GSH)については、これから下に述べるN-Acetyl Cysteine(NAC)について教えてもらった時に知ったサプリメント。上記の他にも、いろんなメーカーから販売されています。

Antioxidantの中でも大事な位置を占めるL-glutathione。体内でフリーラジカルによってダメージを受けた部分を修復してくれるものです。フリーラジカルは新陳代謝により産生されるものですが、運動したり、環境からの異物や毒素によっても出てくるもの。これらが体内にあると、細胞にダメージを受けてしまいます。ミトコンドリアは細胞内にあり、大切なエネルギーを産生する場所。L-glutathioneは、細胞がダメージを受けないように、フリーラジカルをお掃除してくれる物質といったらいいのでしょうか?
またこのL-glutathioneは他のantioxidants、VitaminCやE、Coenzyme Q10などもリサイクルして、それらが長期に活躍できるよう助けてくれる働きもあるそうです。
また、Covid-19に罹患した人の多くは、このL-Glutathioneの欠乏が見られるそうで、これがウイルスが分裂し増殖するのを防ぐことも考えられています。

私はL-glutathioneは摂取していませんが、その代わり、下記のNACを飲んでいます。


<N-Acetyl Cysteine>


私もこのサプリメントについて、私が知ったのはここ半年くらいの話。その当時通っていたCraniosacral Therapistに勧められて飲み始めたものです。
Plasma Cysteine(血漿システイン)が増加する結果、Glutathione(GSH:血漿グルタチオン)を増加させることができる働きがあるためだそう。
ViaminC、亜鉛、VitaminDに加え、こちらも一緒に飲んでいます。



<Antioxidant>




こちらはAntioxidantsをカプセルに詰めた錠剤。普段はできるだけ、オレンジや人参、ビーツなどのジュースを飲むようにしているので、そんなに使うことはないのですが、たまにカラフルな色の野菜が足りないな、と思う時に使っています。


上記のサプリメントは、人それぞれ「合う、合わない」はありますのであくまでも参考のため。疾患によっては制限もあると思いますので、処方薬を摂取している方はどうぞ医師、薬剤師にご確認ください。

ロンドンでは感染者も増加してきて、薬局での問い合わせでも、罹患者からのレメディのアドバイスも増加してきています。先日は病院で働いていた友人が罹患したとお知らせがありました。人によって症状の出方が様々で、レメディの選択も多岐に渡ります。また、罹患後の回復が、普通の風邪と比べてかなり時間がかかる人が多いようです。

上記のサプリメントは、助けになりますし、また、私も状態によってレメディも処方していますので、もし興味のある方は、
より、20分の無料コンサルテーションで、急性の症状についてアドバイスをしていますので、どうぞ、ご利用ください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


************************************************************************************************
Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

2020年12月30日水曜日

皮膚炎で悩まれている方へ



皆様、クリスマス休暇はいかがお過ごしでしょうか?
イギリスでは一部雪が降ったところもあるようですね。ロンドンはまだ雪が降るほどは寒くないですが、寒さが体の芯までしみてくるようになりました。

本題に入りますが・・・。

アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、接触性皮膚炎など慢性の皮膚炎は、薬を使ってもいたちごっこで本当に厄介なもの。かゆみが増すと、睡眠も妨げられ、睡眠が妨げられると日常の生活にも支障をきたしてきます。
また、皮膚炎の場所によっては、見た目も気になるので、自分のことがいやになることも。私もニキビに長年悩まされていたので、皮膚にできものやパッチができていると、見た目で自分に自信をも失うことは、経験上十分承知しています。
皮膚の炎症は、そのため精神衛生上の健康も心配になってくるところ。

薬では、抗アレルギー剤や、ステロイドなどの免疫抑制剤がメインの治療となりますが、これらは症状を押さえ込むだけなので、薬をやめたり、しばらくすると再発するケースも多く見られます。

何故なのでしょう?

症状を抑えても、根本の原因が解決していないからなのですね。

ストレスで悪化する、何かを食べた時に悪化する、気候が変わると悪化する、などきっかけがあって悪化するケースもよくあります。今まで大丈夫だったのに、なぜ体は敏感に反応するようになったのでしょう?

以前の投稿で「ストレスという言葉」について書きましたが、症状が感情的な要因と関連している場合(というかそれがほとんどですが)、誘発される原因について対処するのが最も早い解決法です。

ホリスティックな考えからすると、皮膚の症状は、身体的、精神的、感情的に乗り切れずあがいている状態が、体の内側で対応しきれない時に出てくる体のサインと考えられます。突発的なものもあれば、長年少しずつ積み重なってきたものもあるでしょう。

症状を抑え込むというよりは、その体が表現している感情などのサインを理解し、サポートしていくことが必要となってきます。

家族が持っている体質については、そのパターンを見直すことも大事です。

ホメオパシーのコンサルテーションでは、それらを探し出すために、様々な角度から質問をし、掘り出していきます。そしてその見つけたそれぞれの情報をパズルのように当てはめていきます。
そしてそれぞれの人の状態にマッチしたレメディを処方します。

「良くなるまでにどのくらいかかりますか?」というのは、よく聞かれる質問なのですが、ヒーリングにかかる時間は本当に人それぞれです。原因とみなされた状態に対して、どのように受け止め、対応するかは人それぞれであるので、私はいつも「本人次第なところもあるため、人それぞれです」とお話しています。

このブログでは、皮膚炎において相談に来られる方に、レメディ服用と合わせて、オススメしている一般的なものを紹介いたします。

  • マグネシウム


ホメオパシー講座でも、このブログでも何度もお話ししているマグネシウムですが、皮膚炎の方にもこのミネラルはとっても大事です。マグネシウムはストレスにも大事なミネラル。気持ちを和らげてくれたり、また、筋肉の緊張をほぐしてくれます。こちらのTrace MineralsのMega Mag 400mg Liquidは液体なので、量の調節が簡単で、お子さんにも使っていただけます。一般の投与量はラベルに示してあるものの、個々によって必要量には差があります。マグネシウムは下剤としても使われるミネラル。下痢をしない手前の量が、その人に適度な用量とされています。私も水に加えて、1日のうちに何度かに分けて飲んでいます。


  • Epsom Salt

マグネシウムを含んだ塩で、足浴やお風呂に入れて使います。筋肉をリラックスし、緊張をほぐすので肩こりや筋肉痛にもいいでしょう。また、皮膚からデトックスを促す作用がありますので、皮膚に症状のある方には是非活用していただきたいもの。パッケージには湯船に対してマグカップ2杯と書いてあります(さすがイギリス大雑把!)。私も薬局での立ち仕事が多いため、週2日くらいは使用しています。お家に湯船がない方は、足浴でもいいでしょう。20分くらいかけて十分浸かることをお勧めします。

  • 保湿のクリーム





保湿のクリームについては、どのようなものを使うべきか質問が多いものの一つです。化学合成のものは避けて、なるべく自然なものを使ったものをお勧めしています。上記にある商品はCalendulaのヒーリング効果を利用しているもので、薬局でもお勧めしています。
WeledaのSkin Foodシリーズはオリジナル、Light、Body Butterとあります。オリジナルのものは結構濃厚で保湿効果が強いですが、もう少しさらっとしたものをお好みの方はLightを使うといいでしょう。Body Butterは体の塗布範囲が広い方、または乾燥が顕著な方で広範囲に使用する方にお勧めです。
また、軟膏ベースの方がかゆみが落ち着くタイプの場合は、こちらのBalmondsのSkin Salvationがオススメです。

  • かゆみのクリーム



HeliosのUrtical Creamをお勧めしています。このクリームはUrtica UrensというハーブとCalendulaが混合されたクリーム。虫刺されなどのかゆみにも使えるのでおうちに一つあると便利です。かゆみがひどい時に役立ちます。



また、ひび割れがひどく、蜂蜜のような浸出液が出るような場合には、こちらのHelios Graphites/Calendula Creamをお勧めしています。



  • Bentonite Clay
皮膚からデトックスする方法として、Clayを使う方法があります。皮膚に塗布したり、またお子さんには、少しお水を混ぜて、粘土遊びがわりに使ってもらうのもいいでしょう。


  • 加工食品、添加物を避ける
体が敏感な時には、化学調味料などの自然でないものに反応しやすくなります。人間の体はよくできているもので、体は解毒機能を持っており、健康な人であれば排泄できる仕組みにはなっています。しかし、入れる量が増えてしまうと、体も対応しきれなくなり、体の外に不要なものが出て行きにくくなります。皮膚に出てくるのは、肝臓や腎臓、腸など、解毒、排泄機能がどこか滞っている可能性があるとも考えられます。体に負荷をかけないために、また解毒のプロセスをこれらで滞らせないように、出来るだけ自然なものを入れて、体の負荷を減らしましょう。

  • 乳製品をやめて、砂糖を減らす
たまに人によってはこの乳製品をやめるだけでずいぶん回復される方もいらっしゃいます。乳製品に入っている乳糖やタンパク質がうまく消化されないと、お腹が張ったり、ゴロゴロいったり、という腸で何かしらの症状が出てくる人もいらっしゃいます。負荷をかけないためにも、トリートメント期間は避けていただくことをお勧めしています。
最近は、ココナッツミルク、アーモンドミルク、オーツミルクなど植物由来のミルクもたくさん出てきました。これらは味も美味しく、簡単に切り替えられるのではないかと思いますのでどうぞ試してみてください。
砂糖は腸内細菌の餌となるものですが、カンジダなどのあまり繁殖を望まない菌の餌でもあります。砂糖を摂取することで、体が酸性に傾くと、炎症が起こりやすくなるとも言われていますので、トリートメントの期間は避けるようにお話ししています。


  • 腸内環境を整える



発酵食品を増やし、いい菌を増やす食事をお勧めしています。体は一般の人で、70パーセントが善玉菌、30パーセントが悪玉菌でバランスをとっていると言われています。このバランスが崩れると下痢などを起こしたり、様々な症状が出ると言われています。日本には先人の知恵で甘酒、お漬物、納豆、味噌、醤油など様々な発酵食品があります。バリエーションを加えて、サワークラウト、キムチ、KombuchaやKefirなどの発酵飲料も取り入れるといいでしょう。また、一時的にProbioticsをサプリメントとして1−2ヶ月試してみてもいいでしょう。
写真は我が家で作って食べている、左から赤キャベツのサワークラウト、Kombucha、キムチ。
下記はOptibac Probioticsの商品。用途に合わせて菌株を使い分けてProbioticsの商品を作っている会社です。



  • 油は大事
肌は乾燥を避けるには皮脂が大事で、そうなると油の摂取も大事になってきます。油も質を選びましょう。Omega3なども質の良いサプリメントが発売されていますので、それらを加えてもいいでしょう。下記はお子さま用のオメガ3のサプリメント。お子さま用のサプリメントは数が少なく探すのが難しいので、例に載せました。またBiocareというメーカーもお子さま向けのサプリメントをいくつか出しています。
また食事や油についてはこちらの記事をご参考ください。




  • ビタミンC



肌の再生に必要なビタミンC。ビタミンCはそれだけでなく、炎症を抑える抗酸化作用もあります。大人の一日摂取量は1000mgと言われていますが、症状があるときは、増量することもアドバイスしています。ただ、ビタミンCは水溶性。一気にたくさんとっても、その時に使われなかった分は体外に出て行ってしまいます。ビタミンCを効率よく摂るコツは「こまめに頻回に」摂ることです。mg数が少ないものでも構いませんので、自然由来の質のいいビタミンCをとりましょう。また、ビタミンCは胃への刺激が強いため、胃の弱い方は、胃の状態と相談しながらこまめに頻回にとるようにしましょう。
上記のBonusanは3歳から服用できる噛んで飲むビタミンC。Nature-Cは6歳から服用可能。これも噛んで服用するものなので、携帯でき、仕事で外出する時も手軽で重宝しています。


上記は一般的に薬局でも、お客さんにアドバイスしていること。それぞれの商品については「合う、合わない」があると思いますし、また好みもあると思います。私もクライアントと相談しながら、個々にあったものをアドバイスしています。
特に食事は毎日の積み重ねがカギとなります。

皮膚炎でお悩みの方、興味がありましたら上記から開始してみてください。
それでも治りがイマイチな場合は、コンサルテーションを受けて、個々にあった処方をしてもらうことをお勧めしています。

私もコンサルテーションを受け付けていますので、興味のある方はどうぞ下記からご予約ください。



*************************************************************************************

Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2020年12月18日金曜日

とても情報豊富なウェブサイトのご紹介



仕事の後のチャイナタウン。相変わらず、人が多く忙しそうです💦

12月に入ってから、本当に嵐のようにサーっと毎日が過ぎていきます。12月21日の木星、土星のコンジャンクション、冬至ももうすぐ。新しい時代に突入する前に、済ましておくことは済ましておいてくださいね(と、自分に言い聞かせつつ・・・)。 

さて、本題ですが・・・。

以前、クリニックで薬剤師として働いていた同じ時期に、勤務されていた消化器の先生が、新たに「自己治癒力を高めるよろずWeb治療院」として、ウェブサイトを立ち上げられました。

https://www.czen.co

実は先生自身もヒプノセラピスト。ホリスティックな観点から病気について説明されている、とても情報豊富なウェブサイトです。

患者さんだけでなく、医療従事者の方々も含めていろんな方に見ていただけるように作られたそう。

先生とはクリニックを離れてしばらくした後に、ひょんなことで再会。代替医療のいろんな話で盛り上がりました。

日本では代替医療は自費になってしまうところが多いので、「お金のあるなしで健康に篩がかけられるものではないのにね。本当に必要な人は、一生懸命働いている人たちなのに・・・」とお話しをされていて、私もそんな先生に刺激を受け、「自由料金制クリニック」を開始しました。

そんな優しい先生の心がにじみ出ているウェブサイト。

リンクのところでは、私もセラピストとして紹介していただいています。

健康について違った観点から学べるページですので、どうぞよかったらご覧ください。

https://www.czen.co

情報を必要としているたくさんの方へ届きますように✨🙏💕


************************************************************************************************

Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

2020年12月17日木曜日

「ストレス」という言葉



皆様、いかがお過ごしでしょうか?

我が家では、飲み水は現在、Britaのカートリッジで浄化した水を飲んでいます。
それでも味が好きではなかったので、今年に入ってから、この中にShungite(写真中では黒いクリスタル)とRose Quartz(写真中のひらたいピンクのクリスタル)を入れて飲み始めました。そうすると味が良くなり美味しく飲めるように!Shungiteは電磁波から守るクリスタルとして注目されている石。私のオンラインのお店(https://www.etsy.com/uk/shop/DontWorryBeadyHappy)でこの石を使ってブレスレットを作っていますし、自分も毎日はめています。Rose Quartzは、ハートチャクラのヒーリングを促すクリスタルとして知られています。
最近は夫が「もっとカラフルにしたい」ということで、手持ちのカルサイトやアパタイトなども加わって、こんな状態になっています。

皆さんも、もしよかったら、石を水に入れたエッセンスの飲み水、美味しいので試してみてください。


本題に戻りますが・・・。

薬局でお客さんと接していると、

「ストレスにいいものをください」

とよく聞かれることがあるし、下痢や皮膚炎についても、お話を聞く際に、

「どんな時に悪くなるのですか?」

と質問すると、

「ストレスがある時」

と答えられる方が多くいます。そこで、

「ストレスって一体なんですか?」

と、質問をすると、人それぞれ本当にいろんな答えが返ってきます。

  • たくさんの仕事があって、身体的に休む時間がなく、体力の限界からくるストレス
  • 仕事で責任の大きい仕事を任されて、その責任の重さと、それに対する自分への自信のなさからくる不安のストレス
  • 家族を亡くして、悲しむ暇もなく日々の物事に追われ、希望が見えない悲しみからのストレス

などなど。


「ストレス」

ってとっても便利な言葉ですが、その意味はとても広くて、人によってストレスの捉え方がいろいろあるものだな、と感じます。

ホメオパシーでは「ストレス」だけでは、その人それぞれのニーズにあった処方をするにはちょっと物足りなくて、状態にあったレメディを探し出すために、もっと具体的に質問して聞いていきます。

そうすると、その人それぞれに、ストレスを捉えるパターンが見えてきたり、自分の弱点が具体的に理解できて、対応策が見えてきたり。

ストレスって、簡単に使えて便利な言葉ですが、掘り下げて考えると、いろんなヒントが隠されていると思います。

冒頭でもお話ししましたが、ストレスのある時にIBS(Irritable Bowel Syndrome)やアトピーなどの皮膚炎が悪くなるという方も薬局にはいらっしゃいますが、ストレスと感じた時にもう少し掘り下げて、自分の感情を具体的に理解していくと、知らなかった要因が隠れているかもしれません。

ストレスがかかると、「fight and fright」といって戦いや恐怖の状態を乗り切るために、

  • 交感神経系を通じて副腎皮質からアドレナリンが分泌され、
  • 視床下部ー下垂体を介して副腎皮質ホルモンの分泌が促進され、
  • 副腎皮質からの糖質コルチコイドの分泌量が増加し、
  • 副腎皮質は肥大し、ショックからの立ち直りが起こって、
  • ストレスに対する抵抗力を維持し、生体を防衛します。

というプロセスが体内で働きます。

ある程度のストレスは、人間が成長するために、必要なものでもあるので、一概に悪いだけのものではありませんが、自分に負荷を与え、この状態が繰り返し起こり、回復するための十分な時間がない状態が続くと、副腎疲労に至ります。そうすると、自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症などといった状態に陥ります。またストレスやショックが続くと免疫機能も落ちていくため、感受性が高まり、今まで起こらなかったような症状が、この状態をきっかけに発症するようになります。

ホメオパシーのコンサルテーションは、症状と、その掘り下げた深い要因とのつながりを話し合いながら見つけ出す作業でもあります。そして、その人のそれぞれの段階、症状にあったレメディを選択していきます。

もし、ストレスで症状が悪化するのなら、ちょっと立ち止まって、

「そのストレスってどこからくるのだろう?」
「なぜだろう?」

と考えてみてはいかがでしょうか?
意外なヒントが隠れているのかも。

20分の無料コンサルテーションも行なっていますので、一度話し合って見たい方は、どうぞご利用ください。

************************************************************************************************
Hiroko Homeopathy  - A holistic way to improve your health -
ホリスティックな方法で健康を改善してみませんか?
ウェブサイトはこちらから↓
https://www.hirokohomeopathy.com/

Don't Worry Beady Happy - Meaningful jewellery for everyday use - 

毎日身に着けるジュエリー。自分だけの特別な意味のあるものを選んでみませんか?
オンラインショップはこちらから↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村